仕事内容のご紹介

塗装工事

東京都の外壁塗装、屋根塗装は実績豊富な勇塗装へお任せください。住宅、ビル、マンションや公共工事も多く手掛ける施工会社だからこそ、躯体や構造もしっかり把握した高品質な塗装工事がご提案できます。

ただ塗装と言っても、どこを、どういった処理で、何を、何回塗るか、で大きく変わってきます。技術力、提案力に自身がある勇塗装にお任せください!

8907F9AA-3928-4085-8DF4-0703E9B676F2

防水工事

防水工事とは屋上やベランダ、庇や浴室に至るまで、建築工事の中であちこちに施工されてます。新築工事でいえば塗装工事よりもずっと優先順位が高く、重要視されている作業となります。

防水工事の不良は即雨漏りとなりますので、防水工事や塗装工事のみならず、建築構造や躯体コンクリートの知識も非常に大切です。

浅はかな知識で防水工事をしてしますと、雨漏りだけでなく、部屋のカビや構造木材の腐食へも繋がります。またひとえに防水工事といってもその種類や工法は多様にありますので、塗装工事と同様に適材適所が非常に重要です。

 

3C0EBFA2-8809-4BFF-8E5F-59D38CF435F9

シーリング工事

シーリングやコーキングというと、一般的に、サイディング外壁、ALC外壁の工事でよく耳にされると思います。

サイディングやALC外壁というと、一枚の壁ではなく、複数のパネルやボードを張り合わせてできている外壁で、どんなにぴったりとくっつけたとしても、そのボードとボード、パネルとパネルの間に、隙間ができてしまいます。

そのため、敢えて目地という少し広めの隙間を作り、そこにコーキング材を詰め、密閉することで、隙間から、水や汚れなどが浸入することを防ぎます。

DB755A0F-CA4C-4654-87CA-F126C09DA105

注入工事

注入工事とは、RC造(鉄筋コンクリート造)の建物の外壁から仕上げモルタルやタイルが剥落してしまう恐れがある部分やクラックを補修する作業です。

一般的には、外壁にコンクリートドリルで穴を開け、エポキシ樹脂材を充填する事で、クラックが開かないようにしたりモルタル面やタイル面の剥落を防止する工法です。

他にも上記のエポキシ充塡にステンレス製のアンカーピンを挿入して強度を高めるアンカーピンニング工法や、プラスチック製のシリンダーにエポキシ樹脂を充填して、それをクラック部分にセットし、ゆっくりと時間をかけて注入を行う自動式低圧注入工法などがあります。

勇塗装では、診断調査の段階で適正な工法を見極め、その建物に一番あった工法をご提案させていただきます。

E13D9466-86C0-47AD-A273-596858986B82

タイル工事

経年劣化や地震等のクラックが原因で剥がれてしまったタイルの貼り替え、薬品を使用して洗浄を行い、タイル面や目地部分の黒ずみを落とす薬品洗浄という工事を行なっています。

基本的にはブランコ作業となりますので、補修箇所、汚れが気になる場所に対してのピンポイントな工事ができます。

タイルに関しては、ブランコ作業で工事を行うとすると、他の業務と比べても格段にコストパフォーマンスに優れています。

勇塗装では、タイル1枚の張り替え作業、一部分だけの薬品洗浄作業から対応させていただきます。

6CBB14A1-F82C-4ECB-B0D6-9033F8AFFA47

打診調査・漏水調査

タイルやモルタル等の外壁仕上げの調査方法には、「目視及び部分打診調査」と「全面打診等調査」があります。(建築基準法第12条では特殊建築物を対象に2~3年毎の「目視及び部分打診調査」と10年毎の「全面打診等調査」を行うことを義務付けしています)

肉眼及び双眼鏡や望遠鏡等を使用して外観の観察を行い、手の届く範囲をテストハンマー等による打診により調査を行います。
調査の結果、欠損、浮き、ひび割れ、汚れ等の損傷が認められた場合、落下により歩行者等に危害を加えるおそれのある部分を全面的に全面的にテストハンマーによる打診調査や赤外線調査によって全面を確認します。

EE7DBD96-1E50-416F-9E0C-D49279F17F7E

 

 

仕事内容のご紹介