無足場ブランコ工法とは

無足場ブランコ工法とは、足場を設けずに建物の屋上から垂らしたロープを利用して、ブランコに座りながら作業をする工法のことで、無足場工法・ロープアクセス工法などとも呼ばれます。通常、建物の改修工事を行う際には足場の架設を必要としますが、建物の構造や立地条件などによっては、「物理的に足場を設置することができない」「道路使用許可の申請が必要」「騒音や防犯面への配慮から足場を設置したくない」というケースも。ブランコ作業は、このようなご要望にお応えできるのが特徴です。

ブランコ作業は、窓の清掃のイメージが強いかもしれませんが、外壁塗装や屋根塗装、補修工事、各種防水工事など、様々な工事現場で用いられています。勇塗装は、ブランコ作業のプロフェッショナルとして、この工法のメリット・デメリットを正確に把握し、ビル・マンションオーナー様、管理会社様に様々なご提案をさせていただく事ができます。

無足場ブランコ工法のメリット

【無足場ブランコ工法のメリット】

①足場が不要ですので、仮設工事費用がかかりません!

※屋上にロープをセッティングして下降するので、屋上まで上がる事が出来ない場合は、止むを得ず昇降足場を設置させていただくことがあります。

従来、一部のタイル貼り替えや、一部の補修工事でも足場の架設工事が必要でして、その為だけに足場を設ける事で無駄に費用がかかってしまい、本当に必要な工事に予算を割くことが出来ないという事例が多く見られました。

無足場ブランコ工法ですと、そういった悩みも全て解決する事が出来ます!必要の無い出費を抑えることができ、お客様の要望に寄り添って柔軟に対応する事が出来ます!

②足場の組めない狭い場所でも作業可能

建物と建物の隙間など、狭すぎて足場が設置できない場合があります。無足場工法であれば40cm程度の、人が通れるスペースがあれば作業が可能です。

③足場を組まないから、速い!

無足場工法は、足場の設置・撤去が不要なので、工期期間を大幅に短縮することができます。お客様のご都合に応じて作業を中断・再開することも可能です。

④防犯面でも安心。工事中の圧迫感もありません。

足場を設置した場合、第三者がその足場を使ってベランダなどに侵入することができる為、防犯面で問題があります。無足場ブランコ工法なら足場を設置しない為、そのような心配はありません。
また、足場やメッシュシートなど圧迫感を感じるものが無く、日差しや風通しを妨げることもありません。

作業時以外は平常と変わらない状況ですので、作業時以外は近隣への影響が無く店舗などの建物工事にも最適な工法です。

⑤完工後の是正工事などへの柔軟な対応

通常の工事では完工後に何か不具合が見つかると再度足場の仮設費がかかるために、業者が責任を放置するということも多く見受けられますが、無足場ブランコ工法ですと、施工開始から完工後まで一貫して足場を組まずに作業が出来る為、完工後でも柔軟にスピーディーな対応が可能となります。

【無足場ブランコ工法のデメリット】

大規模な物件の全体改修工事や、反復作業・横移動の多い工事の場合には、逆に工期が長くかかる場合があり、工事金額も割高になってしまう事があります。

勇塗装は、足場上での作業も得意としておりますし、提携している足場架設会社もおりますので、現場調査・お見積もりの際に、物件や施工内容を見極めた上で最善のご提案をさせて頂きます。